MENU

プロペシアのジェネリック|フィナステリドを使うの待って!効果と副作用をみてから!

フィナステリドがもたらす効果とは

フィナステリドとは、脱毛に効果のあるプロペシアと呼ばれる薬の主成分のことを指します。この成分は、頭皮に発生するジヒドロテストステロンという成分の生成を阻害するという働きをもっています。このジヒドロテストステロンという成分はいわゆる男性ホルモンの一種です。AGAにおいては男性ホルモンがその薄毛の主因となることが知られており(ただし男性ホルモンが薄毛の原因となるのはAGAにかかっている人のみです)、これを抑制することで抜け毛を予防することができるということなのです。このフィナステリドはもともと前立腺肥大の症状を抑えるために使われていた薬の主成分だったため、同時に前立腺肥大にも効果を及ぼすとされています。前立腺肥大においても男性ホルモンが大きく関係しているということです。
このように、その効果は「育毛」ではなく、むしろ脱毛予防だということができます。そして脱毛を抑えることで、健康な毛が生えやすく
なり、結果的に毛が生えてくるという仕組みだといえます。ですから、効果がはっきりと現れるまでには時間がかかります。だいたい半年程度は続けて服用することが必要だといえるでしょう。そして服用する場合は毎日服用しなければ効果が期待できません。

フィナステリドの副作用について

発毛効果があるフィナステリドにはデメリットといえるほどの副作用が報告されています。
それらの発症率はおおよそ1パーセントから2パーセントほどの低い確率ですが、万が一、副作用とみられる症状が出た時はすぐに服用を中止することをおすすめします。
そんなフィナステリドの副作用は大きく分けて3つあります。
まず1つ目の副作用は性機能への悪影響です。
性欲減退や生殖器の機能低下などがありますが、実際に起こる症状として挙げられるのは精液の量の減少と胎児への影響です。前者は男性に危惧される症状ですが、服用を中止すれば改善されます。後者は女性が服用した場合によるものですが、妊婦の服用は避けるべきです。何故なら妊娠している子供の発達が阻害される可能性があるからです。
2つ目の副作用は鬱です。
これはフィナステリドの男性ホルモンを減少させる効果によるものとされています。発症率は非常に低いですが、副作用として報告されている症状なので要注意です。
そして最後の副作用は肝機能への影響となります。
これは服用者の肝機能の状態に左右されるため、発症率は見通せません。ですがフィナステリドは経口摂取するタイプの薬なので肝臓に影響は及ぼす可能性は十分あり得るのです。